【10周年♪】おしゃれでかわいい介護服を、成長に合わせてハンドメイドでお作りしています。

手作りのオーダーメイド介護服




介護服「ぷるちーの」の生い立ち





急性脳症で重度障害をおってしまった息子へのささやかなプレゼント・・・

10年前の当時、寝たきりになってしまった1歳の息子のために、
親友が1枚の介護服を作ってくれました。

開閉できる肩スナップ

ぽっちゃり体系もぴったりの身幅と着丈・・・。



「この快適さと暖かな気持ちを、
介護を必要としている子ども達とお母さんに届けたい・・・。」


それが「ぷるちーの」の出発点でした。
 


友人と一緒に3人で細々とネットショップを始めたのが2006年。

あれから10年が経ちました。

もう一人の子どものように育てた【ぷるちーの】

その間に製作した作品は、小物も含めて2000作品以上にのぼります。

しかし、1人で縫製していたため、お客様の待ち時間が生じ、次第にご注文自体をお受けすることが出来なくなってまいりました。
一時的に注文を中止し、お客様には大変ご迷惑をおかけしました。


この点をなんとか改善するシステムはないだろうか・・・
ということで、その間に、障がい福祉サービス事業所(就労継続支援A・B型)さんで働いている方に縫い子さんと交渉を重ねてまいりました。
そして、新たなスタッフを迎え、ぷるちーの合同会社として多治見市のアトリエを本店として再スタートをきります。
WEBショップも、6月の岐阜県子供福祉機器展の出展より、リニューアルオープンいたします。
障がいのあるお子さんのための洋服を、障がいのある方が縫製。そんな心のこもったあたたかい洋服をお届け出来ること、
このようにまたリニューアルオープンさせていただけること、たくさんの方のご協力のおかげだと本当に嬉しく思っております。


 

いずれは、福祉施設や作業所などへ還元出来たらと思っております。
細くとも長く、プルチーノはお子さんの生涯を通じてお世話させていただけるよう、このリニューアルオープンに伴い、値段の改定をさせていただきます。
今まで培ったオーダーメイド商品を参考にし、新商品の提案やご提案などさせていただこうと思っております。

それに加え、今後はさらにお客様のご意見・ご意向をたくさんお聞きしながら、少しでもお役にたてるよう務めてまいりますので障がいのあるお子さんだけでなく、プルチーノを必要としていただける方がたくさん増えるよう頑張りますので、お知り合い、お友達などへもご紹介いただけると嬉しいです。
今後とも応援、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。


2006年6月 店長 Kanae






URL  http://kodomo-kaigofuku.net

ぷるちーの合同会社
パンフレット2016【福祉機器展編】